妊娠するためのヒント:男性の方のメッセージ

夫婦で治療に臨まれた男性の方のメッセージ

  • 年齢39歳氏名H.S様

    妻が不妊治療を始めて、2年半を過ぎて今回卒業します。 以前は、他の病院に妻は通っていましたが、ステップアップを機に、こちらへ通うようになりました。説明会など私も妻と同行して、夫婦二人で通う日も何度かありました。 今回の卒業までは、結果が出ず、特に妻が非常に落ち込むこともあり、私も悲しい思いを何度もしましたが、妻と一緒に乗りこえてきました。 その時、頼りになったのが、富山先生のお話で、次回の方法や対策などを、明確にご説明下さいました。とても心強かったです。 おかげで次を信じて、あきらめずに、続けることができました。富山先生をはじめスタッフの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。今通院されている方々にも、一人でも多くの方が子宝をさずかりますようお祈り申し上げます。

  • 年齢44歳氏名Y.O様

    説明会で富山先生が、「ご主人と一緒に来院されている夫婦の方が、よく妊娠しているように思われます。」というくだりが、印象に強く残り、微力ですができるだけ妻とニューアートさんに行きました。 妻は懸命に採卵、治療そして注射の日々。私はただ横で見てるだけ。せいぜい家事を少しばかり手伝うくらいしかできませんでした。 体外受精の結果を聞きに二人で行った時、緊張して富山先生の部屋に入ったら開口一番「妊娠しましたね。おめでとう!!」と笑顔で報告をいただき、妻はやったあ!と喜び、その傍らで父親になった、本当のスタートはここからと背筋が伸びました。 仕事、仕事で、何も家事ができない現状は良くない、家のことも可能な限りやっていく、妻にばかり負担をかけさせないようにすることをいつも心掛けています。 妻に感謝。ありがとう! そしてニューアートクリニックの皆様、大変お世話になりありがとうございました。

  • 年齢30歳氏名K.N様

    結婚当初より、「子供は欲しい。」と夫婦共に思っておりましたが、不妻の不妊症状が発覚。漢方や口コミなどで体質改善その他苦しむ妻を横で見ていて何もしてあげられない思いでとても歯がゆかったです。 友人、知人の紹介で、ARTクリニックを紹介頂きましたが、これでうまくいかなかったら…と不安に思う一方、数々の実績などから信頼感を持っておりました。 当初はなかなかうまく進まず、「焦るな。」と妻を励ますことしかできませんでしたが、説明会に赴くなど、自分のできる範囲で知識を持ち理解しようと努めました。 また、仕事もそこそこに、通院の日は必ず妻に寄り添うように努めていたことも良かったかも知れません。 親身になって治療していただいたお陰で、人工授精により子供を授かることができ、言葉では言い表せない感謝の念で一杯です。 まだまだこれからではありますが、無事に生まれてきて、元気一杯に育てたいと思います。本当にありがとうございました!!

  • 年齢39歳氏名H.A様

    妻が乳ガンになり放射線治療、ホルモン治療の為、5年間妊娠できない、5年後も年齢と治療後の後遺症で妊娠できないかもと言われた時は妻がかわいそうでした。 何もできず励ますことしかできない自分も嫌でした。でも妻は明るく前向きな為、5年の治療を経て、コチラに伺って先生に妊娠の手助けをしてもらい無事妊娠しました。 とても感謝しています。 本当に僕は何もできなかったけど、妻に対しては優しく接するように心がけました。

  • 年齢35歳氏名S.I様

    私の精子の状態が悪く、遠い和歌山から3年妻が通ってくれ、本当にありがたいことに2人の子供を授かりました。 一重に「子供が欲しい」という想いが卒業できるまでこれた理由だと思います。 治療中妻が薬や注射を毎日しているのを見て、夫としてできることは何かあるかと思い、悩んだことも多々ありました。不慣れな家事など余計に妻に負担をかけていないかと、ずっと思っていました。 毎週病院に行った後に来る「よかったよ」のメールがくるまで、心配心配の気持ちで一杯でした。 それでも今このように卒業まで来れたのは、妻が同じ想いでいてくれたからだと思います。私達は幸いにしてここまで来れたのですが、今通われている方にはもっと苦しまれている方もいると思います。 今言えることは、夫婦が同じ想いで治療と向き合うことが大事なことだと思います。治療を始めて3年。あっという間でした。同じ想いでいられれば、こんな気持ちになるのかなと今は思っています。 考え過ぎず、なかなか難しいことですが、力を抜いて奥さんを支えて下さい。

  • 年齢32歳氏名Y.E様

    男性として協力できることはあまりなく、ただただ先生を信じて、妻に先生を信じてれば大丈夫と言い聞かせてました。最初妻が不妊と知った時は、ショックを受けましたが、先生が若い分には絶対大丈夫と自信たっぷりにおっしゃっていて、希望が持てました。 私の場合、体外受精1回目で妊娠でき、あまり苦労という苦労はなく、(妻は注射でお尻がボコボコになり大変そうでしたが)スムーズに治療が済んだ方だと思うので、今通われている方、治療が長引いている方の苦労はあまりわかりませんが、 先生を信じて、がんばってほしいです。治療がうまくいったからというのもあると思いますが、それを抜きにしても信用できる方だと思いました。仕事柄大阪に留まれないですが、2人目も先生にお願いしたいと思っております。

  • 年齢33歳氏名K.O様

    私自身は不妊治療までの必要はないと思っていましたが、嫁の強い希望があり、受診することにしました。 私は精子検査しか受けていませんが、それでも結果が出るまでは緊張があったので、繰り返し検査、受診する嫁の負担は大きかったと思います。ただ、受診前の何をしていいかわからない不安とくらべると、ストレスは軽減したと言っていました。 幸運にも2回のタイミング法のみで妊娠にも至ったので、早期に受診してよかったと思います。今は2人で少しずつ大きくなるお腹を見ながらニヤニヤしています。

  • 年齢38歳氏名J.I様

    不妊治療について、わからない事ばかりで不安でした。しかし、説明会を受けて、自分なりに理解をして、人工授精から体外授精へ変更する事にしました。私には、力になれる事がとても少なく、一緒に病院にくる事、家事の手伝くらいしか出来ませんでした。 そんな中、自己注射や大量の薬やサプリなど、妻は大変頑張ってくれました。 体外授精の2回目には、今回着床しなければ休もうか悩んでいました。そんな中での妊娠結果にすごく感動しました。現在妊娠9週目をすぎて、無事に卒業する事になりました。 出産まで、油断できない日々が続きますが、妊娠した事実はかわりないので、どのような結果になろうと皆様には感謝しています。 なにより、妻の頑張りに、とても嬉しく感じています。 とにかく無事に出産できるように毎日願っています。本当に皆様ありがとうございました。

  • 年齢24歳氏名H.S様

    妻が不妊治療を行うにあたり、セミナーに参加させて頂きました。全くと言っても良いほど不妊治療に対しての知識が無く、妻を含め自分自身も不安でしたが、セミナーに参加した事で、疑問点などを明確に出来たので、とても前向きな気持ちになれました。 不妊治療中の妻の様子は気分の落ち込みなど感情の変化が多く見られたので出来るだけ前向きな気持ちで居る事を夫婦で心掛け、お互いプレッシャーをかけず、感じずに過ごすようにしていました。 僕自身、当り前ですが妻の妊娠を諦めるという事は、一度もありませんでした。先生方の協力もあり、自然妊娠という最高の形で妻の妊娠が発覚した時は、諦めずに居れた事が報われたような気がしました。 長期間にわたり、治療や精神面でのサポートなど様々な面でお世話になった先生方に夫婦共々感謝しています。 ありがとうございました。

  • 年齢39歳氏名K.T様

    検査を受けていく中で私の精子が弱いことがわかり、顕微授精まですることになりました。不妊の原因がいくら男性側にあっても、男性が受ける治療はほとんどありません。ほぼ全てが妻の身体に負担をかける治療でした。 その代わり、私はできるだけ家事を手伝ったり妻の話を聞き励ましたり、一緒にクリニックに行き先生の話を聞いたりしました。また、自宅での注射や腔剤の挿入など妻が自分でやるには難しいことも協力しました。 その甲斐あってこのたび、約8ヵ月で卒業することができました。この経験を忘れず今後も夫婦力を合わせて乗り越えていきたいと思います。 富山院長先生はじめ、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

あなたへのメッセージ

  • 大阪New Artクリニック 院長からのメッセージ
  • 無事治療を終えられた 卒業者のメッセージ
  • 妊娠期間を経て無事に 出産された方のメッセージ