妊娠するためのヒント:卒業者のメッセージ

多嚢胞性卵巣症候群

  • 年齢36歳氏名T.A様

    今は第3子の出産を控えています。学生の時から生理不順・無排卵(多のう胞性卵巣)だった私は当時から治療なしでは妊娠しづらい体質なのだと思っていました。結婚後、それまで通っていた婦人科の先生の紹介で富山先生にお世話になることになりました。治療を始めればきっとすぐに妊娠できるはず……と思っていましたがそのチャンスは来ず治療はステップアップ。判定日までは期待と不安の波がものすごく、陰性だった度に、どん底まで落胆していました。しかし、人工受精から体外受精にステップアップする時だったでしょうか、先生が「大丈夫、ふつうの29才より少しだけ妊娠しづらいだけだから!」と力強く言って下さったその言葉が心に響き、大袈裟かもしれませんがもう自分の体も神様も信じられなくなっていたので、先生と先生のこの言葉だけを信じようと思いました。それから1回目の採卵では数は採れたものの妊娠することはできませんでしたが2回目の採卵で5つのグレードの良い受精卵ができ、結果3人の子供を授かることができました。通院中は気分の浮き沈みもありましたが、いつも明るくあたたかく迎えて下さるスタッフの皆さん、普段はお会いすることはありませんでしたが確かな技術を持った培養師の皆さん、そして信頼できる先生のお陰で8年間通うことができました。感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました。そして今、頑張っている皆様のことを陰ながら応援しています。

  • 年齢20歳氏名N.I様

    私は、結婚前から生理不順があり婦人科に通っていました。そこで、内診をしてもらった時に「多のう胞性卵巣症候群」と診断されていました。そしてそれが不妊の原因になる事も説明され、結婚してすぐに不妊専門の病院へお世話になる事にしました。そこで約1年かけてタイミング、人工授精、体外受精とどんどんステップアップしましたが、子供を授かる事はできず、精神的にも金銭的にもいっぱいいっぱいでした。そして、当時通っていた病院の先生への不信感があり、思いきって病院を変えてみよう!と決心しました。それからネットなどでいろんな病院を探しこちらの病院を見つけました。そして話を聞いてみたいと思い病院を訪ねました。先生はとてもハキハキしておられ、1つ1つの言葉がとても力強くこの先生なら大丈夫かもしれない……と思えたのでこちらへお世話になる事にしました。そして体外受精1回目でなんと子供を授かる事ができました。治療中は終わりが見えない治療やもう無理なのかも……という不安で頭がいっぱいでしたが先生の言葉を信じてよかったです。看護師さんもとても優しく話を聞いて下さって治療を頑張る力となりました。皆さんが本当に私たちの気持ちになって考えてくれているのが伝わりました。今、治療されている方も不安で胸がいっぱいの事と思います。ですが、まずは先生、看護師さんを信じて頑張ってみて下さい。これを読む皆様の元へどうか可愛い赤ちゃんが来てくれますように……。

  • 年齢35歳氏名U.N様

    近くの婦人科でタイミング法を1度だけ試しましたが、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になり入院しました。腹痛で夜も眠れず、悩んだ末、退職することを決めました。その、後大阪NewArtクリニックさんに通うことになりました。初めて富山先生にお会いした時、「全てをこの先生にお任せしよう。妊娠できる気がする。」と思いました。人工授精からのスタートでしたが、2回目の時、顕微授精でないと難しい事が分かりました。迷わずステップアップすることを決めましたが、とても不安でした。富山先生や塚本先生の説明は分かりやすく、事前に理解を深めることができました。また、自己注射の説明も丁寧で私のペースに合わせて進めてくださり、今まで注射針すら見ることができなかったのに、自己注射ができました。採卵では31個採れ、11個の胚盤胞を凍結することができました。私の場合、片側の卵子の位置が悪かったので激痛でしたが、正常な反対側はチクチクする程度でほとんど痛みを感じませんでした。富山先生から「普通の人の3倍頑張りました!」と言っていただけ、うれしかったです。他院では数個の卵子でOHSSになったのに、富山先生のテクニックのおかげで31個でも大丈夫でした。子宮が良い状態になるのを待って凍結胚移植を行い、幸いにも1回目で妊娠できました。夫は、辛い事、痛い事、不安な事など私から聞き出し、共有してくれました。休みの日には必ず一緒に通院してくれ、自己注射も毎回してくれました。今思えば、富山先生のおっしゃった事は全てその通りになりました。先生を信じて、全てをお任せして本当に良かったです。富山先生、スタッフの皆様、9ヶ月間、本当にありがとうございました。

  • 年齢29歳氏名I.U様

    多のう胞による排卵障害で治療をしていました。前院から、注射を続けてもなかなか排卵せず、スタートラインにも立てていない寂しさ?を抱える日々でした。富山先生に初めて出会った時、あまりの自信と勢いに「ここでなら頑張ればどうにかしてもらえるかも」と思いました。初診から半年で妊娠に至ることができました。出口がみえないしんどさに何度も心折れそうになりましたが、気持ちを上手く逃がしてあげて下さい。あと、こちらの病院は、受付の方をはじめスタッフの接遇が一流だなぁと思いました。いつも気持ちよかったです。医療安全の側面でも確認が徹底されていて、安心できました。本当にありがとうございました。

  • 年齢33歳氏名T.O様

    私は、他のクリニックでタイミングを半年していました。片側の卵管が閉塞しており、多嚢胞性卵巣もあり半年で排卵できたのは2回でした。体外受精をすすめられ、「人工授精じゃダメなのか?」「合う薬がないのか?」と不安になり、大阪ニューアートクリニックに転院しました。富山先生はお話をよく聞いて下さり、「どんどんやっていこう!」と悩む事なく、治療がスタートしました。FT手術をして、人工授精を6回しましたが妊娠せずに「やっぱり体外受精しかないのか……」と、とても落ち込みました。卵管も開通している。卵も育ってくれた。排卵もした。主人にも問題はない。1つずつ確かめて、大丈夫と思えるのに結果が出ず、体外受精をしても結果が出なかったら、どうしたらいいのか?とすごく迷いました。その時も先生と相談をして、やっぱり元気な赤ちゃんを早く授かりたい!と思い、進もうと決心しました。先生のお陰で初めて体外受精1回目で妊娠できました。いつも自信にあふれていて、先生なら大丈夫と信じて進めて本当に良かったと思います。2人目もまたお世話になろうと思います。富山先生、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

  • 年齢32歳氏名M.K様

    第1子のときもお世話になり、今回は第2子を希望しての通院でした。第1子のときは排卵障害で、薬を飲んでもうまく排卵せず(数が多くなりすぎたりする)、タイミング法や人工授精もできずに体外受精で妊娠することができました。第2子も希望していたため、早く体外受精をしなければという気持ちで受診しましたが、予想外に、薬によって排卵してタイミングをとることができ、4回目で妊娠することができました。女性の体は複雑で、その時の体調や様々な要因で体の状態が変わってくるということを感じました。例えば体外受精が必要だと分かった時や、それに失敗した時など、不安が大きくなりますが、自分でも気付かないような体の変化もあると思うので、毎回新しい気持ちで迎えることができると思います。先生、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

  • 年齢27歳氏名Y.S様

    私は、結婚して1年半経っても授からず、元々生理不順だったこともあり、近くの総合病院へ行きました。そこでPCOS(多のう胞性卵巣症候群)だとわかり、自力では排卵が難しく、クロミッドという内服での排卵誘発剤で治療を続けましたが1度も排卵しませんでした。そのため、もう注射しか方法がないと言われ、それを機にこちらでお世話になることにしました。その後、注射で排卵するようになったものの、なかなか授からず、自分の身体を責める日もありました。ですが、そんな中いつも先生は笑顔で背中を押してくれるように、どんどん治療を決めて下さり、私にとってはそれが救いでした。看護師さんやスタッフの方、受付の方の対応も丁寧で優しく、通院は全く苦ではなかったです。そのおかげもあり、今回無事妊娠に至り、卒業することとなりました。治療を受けていると、どうしても不安はつきもので、大変さや痛みもわかるため簡単に頑張れとは言えませんが、先生を信じて、時には看護師さんに弱音を吐き、後ろではなく前へ進んでほしいです。そして皆様の元にも赤ちゃんがやってきますように。私は本当にNewARTクリニックを選んで良かったです。また2人目の時にお世話になります。本当にありがとうございました。

  • 年齢33歳氏名T.Y様

    <転院のきっかけ>
    ・前院の紹介 多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤で調整しながら産婦人科に通院していましたが、治療の限界を感じ、精神的にもしんどくなり体外受精を視野に転院しました。不妊専門であること、夫婦共に通いやすい立地というのも条件にしました。 <体外受精の決心> ・説明会で不安を払拭 視野に入れてはいたものの、転院直後は不安で気持ちは確定していませんでした。説明会に参加し、夫婦でこの先生に任せてみようと思わせられ、決心しました。他院の説明会にも参加したことがありますが、私たちは先生のバイタリティーに託してみようと思いました。仕事を辞めなくていいと言われたことも大きかったです。実際、先生や看護師さんに相談したら調整して下さり、少しの全休と半日休暇で乗り切れました。
    <意識したこと>
    ・治療期限をある程度設定する 不妊治療は35歳まで、体外受精は3回までと決めてがむしゃらに治療を続けました。期限が迫ってくると気持ちが揺れ動きましたが、その時の気持ちでまた決めればいいと思いました。実際、年齢は少し延ばそうと思っていました。 ・夫婦で今後について都度話し合う 当院に転院してからはなるべく夫婦で先生の話を聞くようにし、今後についてよく話すようになりました。前院の時はイライラしてよく喧嘩をしていましたし、治療を通して夫婦の絆が深まったなんて話、そんなん嘘やと思っていましたが今はそう言えるな、と自分でも驚いています。
    <治療をうまく継続するにあたって>
    ・「淡々と」治療を継続すること 私の場合、がむしゃらに治療を続けることで焦りを生み、流産経験が私を精神的に追い込みました。私のなんで?なんで?に看護師長が話を聞いて下さったり、カウンセリングも受けました。先生は不要な検査は不要と言ってくれますが、不育症の検査も当院で可能です。たくさんの方の助けを借り、乗り切ることができましたが、 「がむしゃらに」ではなく、難しいですが「淡々と」治療を継続するのが良いかもしれません。ただ治療を休もうとは思いませんでした。必然的に何もできない期間(卵が上手く育ってない・内膜が薄い等々)が出来るため、それで十分だと思っていました。 ・ストレス発散法を見つける 前院時代は特に仕事⇔通院という生活で、周りの友達はどんどん子どもができるので話が合わず、自分の殻に閉じこもるようになっていました。そこで夫婦でテニススクールに通うようにし、仕事・治療以外で何か没頭できるものを無理やりにでも探しました。 治療期限が迫り、迷いが生じていた頃、大阪府が行っている自助グループにも参加しました。不妊治療医の辛さも共有でき、子どもがいない人生も考えてみるという体験は精神的に安定をもたらすのにとても有意義だったと思います。 ・後々後悔しない選択を心掛ける 子どもをあきらめる人生になったとしても後悔しないよう今出来ることをしようと思っていました。
    <最後に>
    2回目の採卵に向けて準備をを進めるとともに、少しでも時間を短縮したくてダメもとで人工授精をお願いした結果、卒業となりました。何が功を奏したのかわかりません。先生に尋ねると「あなたたちが頑張ったから。神様は見ている。」とおっしゃってくださいました。その頑張りを助けてくださる色んな手段や技術が当院にはあるなと感じました。看護師やスタッフ・受付の皆さんの対応も素晴らしく、本当に支えられました。ありがとうございました。

  • 年齢24歳氏名R.K様

    富山先生をはじめ看護師の皆様、受付の皆様、本当にありがとうございました。私は高校生の頃、多のう性卵巣症候群と診断されました。結婚した事を機に地元の病院でタイミング療法を1年しましたがなかなか排卵せず、こちらの大阪NewARTクリニックを紹介して頂きました。いつか自然に妊娠できるだろうと心のどこかで思っていたので、不妊専門クリニックを紹介された時は正直ショックで不安でいっぱいでした。しかし、最初の診察や説明会で富山先生の自信があり、力強い言葉にとても安心することが出来、前向きな気持ちになりました。先生に全てお任せして言われた事はきちんとしていこうと決めました。クリニックでの治療が始まり、飲み薬や自己注射をしてもなかなか排卵せず何度も家に帰って泣いている日々が続きました。そのたびに夫は「自分が信じていれば、絶対赤ちゃんは来てくれるから大丈夫」といつも前向きな気持ちにさせてくれ、助けてくれました。今回も排卵する様子がなく、リセットする薬を飲みましたが生理予定日になってもなかなか来ず、まさかと思い妊娠検査薬をしてみると妊娠反応がありました。クリニックに行くまで本当に妊娠しているのか不安でいっぱいでしたが、エコーで赤ちゃんが確認でき、富山先生に「おめでとう、ちゃんと妊娠してるよ」と言われた時、本当にホッとしたことを覚えています。私の場合は自然妊娠でしたが、それは富山先生や看護師さん、受付の方々がいつも不安でいっぱいの私を笑顔で安心させてくださったことが自然妊娠につながったんだと思います。本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

  • 年齢29歳氏名Y.A様

    この度卒業できることになりましたが、まだまだ信じられない気持ちでいっぱいです。私は昔から生理不順で、一時期は整理が半年も来ないことがありました。ですので、子供が欲しいと思った時すぐに病院にかかりました。1件目の病院では原因がわからず、2件目の病院で検査の結果、多嚢胞性卵巣症候群であると診断されました。薬や注射での治療を繰り返しましたが、排卵せずに終わってしまう事も多々ありました。1度妊娠することができましたが、初期の段階で流産してしまいました。初めの病院へ通い始めてからおそらく2年近くが経っていたかと思います。頻繁に病院へ通わなければいけないこと、長い待ち時間、思うようにいかない治療に嫌気がさし、思いきって病院を変えてみようと思いました。こちらのクリニックをホームページで見つけ、方針がとても気に入りました。以前の病院では初診までに1か月待ったので、すぐに受け入れていただけてとてもうれしかったです。また、待ち時間が短いことにとても驚かされました。説明会で絶対に妊娠させてあげる!とおっしゃった先生の強い言葉にとても励まされ、あまり細かいことは考えず先生に任せようという気持ちになりました。すると自分でも驚くほど毎回順調に排卵し、ストレスなく治療に専念することができました。そしてこちらの病院へ通い始めてから4周期目で妊娠することができました。不妊治療は何をどうがんばればいいのか不安になることが多いかと思いますが、信頼できる先生に出会えたことがとても幸運だったと思います。本当にありがとうございました。

あなたへのメッセージ

  • 大阪New Artクリニック 院長からのメッセージ
  • 夫婦で治療に臨まれた 男性の方のメッセージ
  • 妊娠期間を経て無事に 出産された方のメッセージ