妊娠するためのヒント:卒業者のメッセージ

体外受精、顕微授精、精巣内精子採取術

  • 年齢43歳氏名K.T様

    本日でこちらのクリニックを卒業できること、今でも信じられない思いでいます。「これでだめだったら潔くあきらめよう!もう、あきらめるべきだ!」と心のうちに思いながら移植した、最後の凍結胚盤胞でした。それが本当に運の良いことに着床し、たくましく育ってくれ、ようやく安定期に入りました。あきらめないで本当に良かった、と心から思います。同時に、富山先生がいらっしゃるこのクリニックだったから、あきらめないで続けられたとも強く思います。初めてこちらのクリニックを受診した時、私は既に41歳でした。しかし、恥ずかしながら不妊治療に関しては全くの無知で、体外受精を1~2回トライすればなんとかなるだろう、とあまりに簡単に考えていました。年齢のこともあったので体外受精には全く抵抗がなかったのですが、生来気の小さいところもあり「意識のある状態での採卵なんて絶対無理!!」と静脈麻酔を強くお願いしました(その後、無麻酔で採卵しても全く平気だったので、本当に痛みは気の持ちようだなと振り返って思います…もちろん先生のすばらしい技術あってのことですが)。しかし、全く結果が出ないまま採卵を繰り返すこととなり、4回目の採卵後も同様の状況。こんなにお金がかかって何も得るものがない、自分はとんでもない”金食い虫”だと情けなくなりました。それでも、ここまで投資して引くに引けない気持ちもありました。また、ホルモンの影響を受けやすいのか、治療中は異様な食欲がある一方で、吐き気がひどい時もあり、体もむくみやすいし、もやもやした気分がずっと続いていたことで、苛立ちを募らせていました。そんな時、富山先生と私たち夫婦で、今後の方針に関してお話しさせていただいたことは一つの転機になりました。先生の考えや見通し、今後の選択肢をストレートにお聞きできたことで、自分の立ち位置が冷静に見えるようになり、わりきって「可能性がある限りは続けよう」と覚悟を決めることができました。しかし、その後も採卵を繰り返すも結果は出ず、、、残念な結果を聞くたびに「私はこのクリ二ックの成功率を下げてしまっているよな~」と思っていました。しかし、富山先生も看護師さんたちも、わずかな可能性を信じてくださり、私の選択を尊重して、一緒に期待し、一緒に残念に思ってくださいました。そうした支えがあったから、続けていくことができたと、今振り返って心から思います。また、長い2年半以上にわたる治療生活の中では、様々なことがありました。私はフルタイムで働きながら治療を継続していたので常に時間に追われていましたが、待ち時間ができるだけ少なくなるよう、スタッフの方々皆、嫌な顔一つせず対処をしてくださったことは、本当にありがたく思っております。また、時間が決まっている注射をうち忘れてしまったり、注射の打ちそこないをしてしまったりして、心配になり予定外に受診した時でも、先生も看護師さんもスタッフの方々も、常に速やかに対応してくださったこと、本当に感謝しています。忘れられません。富山先生の説明は要点を簡潔にお伝えくださることが、私にはとても合っていたと思います。どうしてもネット検索地獄に陥ってしまうので、先生の言葉だけを心にとめてインターネットの検索にはまり込みすぎないよう心掛け、時間の無駄を押さえることができました(本当にネット検索は時間の無駄が多すぎて反省します…結果的に一時的な不安の軽減にしかならずほとんど役に立たずでした)。一方で、私がちょっと不安そうな、疑問があるようなふうを表情に出すと、先生が丁寧に説明を繰り返してくださっていたなというのも思い出します。クリ二ックを変えようとは一度も思いませんでした。富山先生への信頼感―確かな技術とご経験―はもちろん大きな理由の一つですが他にもあります。とても細かい所なのですが、すみずみまで配慮が行き届いていることを、最初からとても心地よく感じていたからです。子供さんを連れている人への対応、妊娠できた人への対応、看護師さんの説明や親身な声掛けのひとつひとつ、待合室でのスタッフの方々の気持ちの良い対応と笑顔、どれも些細なことかもしれませんが、それがあるのとないのとでは、全く違います。いつも気持ちよく受診できました。細やかな配慮が行き届いていること、皆様常に笑顔で対応してくださること、本当に本当に素晴らしいと思っています。こうして卒業すること、喜びと不安の両方があります。出産まで、まだまだ長い道のりです。でも、無事に出産できたら改めてご報告とお礼にうかがいたいと思っています。今日で卒業しますが、どうぞ今しばらく、見守っていていただけますと幸いです。本当に長い間お世話になりました。心から感謝しております。ありがとうございました。

  • 年齢40歳氏名H.O様

    富山先生、看護師のみなさま、また胚培養士のみなさま、受付のみなさま本当にありがとうございました。クリニックに通うたびに拝見していた卒業のメッセージを自分が書くことできる時がきたことに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。初めてクリニックを訪問した時、年齢の事もあり不安で、旦那と一緒に行きましたが、一つ一つが私にとって初めての事で知識もないまま、ただでも時間は過ぎていきます。丁度40歳の誕生日がきて人工授精はだめで、正直、クリニックへも遠のきかけてしまいそうな自分がいて、でも時間がない、チャンスは月に1回、行くしかないと思い、スケジュールを調整してクリニックへ通いました。先生はすぐさま体外受精に入れるスケジュールで進めてくれることになり、とても不安がありましたが、看護師のみなさんにも質問をいっぱいさせていただき、そのたびに丁寧に説明してくださり本当に安心出来ました。また、途中カウンセリングなどで同じように悩んでいるみなさんとお話ができとても勇気づけられました。それからの毎日は旦那との二人三脚で注射を何本も打ち、そして迎えた採卵当日、手術台にあがったときとても怖くて体が硬いですよと言われましたが、あっという間に先生は麻酔をし、採卵して頂けました。先生の技術は素晴らしく、全く痛みを感じませんでした。先生にとても感謝して、先生すごいですというようなことをそのときにいったように思いますが、先生も「初めてほめてくれたね」と笑っていました。私は偉大な先生に今まで、不安ばかりをぶつけていた自分がとても恥ずかしく、でも本当に素晴らしい先生にめぐりあえてよかったです。後日、採卵した卵が順調に卵も育っていると連絡を貰った時、本当にほっとして婿しくなりました。そして、胚移植の当日、グレードのよい2個をもどすことになり、これもあっという間に終わり、それから受精卵が着床するまでの間は不安な毎日でしたが、後日、先生から「妊娠しています。よかったね~」と言われ、飛び跳ねる程うれしかったです。私はこのクリニックで何回泣いたかわかりません。先生の記憶にも残ってしまうような患者だったように思います。いろいろご迷惑をお掛けいたしましたが、こんなに早く結果が出て、本当に奇跡です。本当に本当に感謝しております。ありがとうございました。

  • 年齢40歳氏名Y.G様

    6年前から子宮内膜症・子宮腺筋症、右卵巣のチョコレート嚢胞の治療をピルを服用しながら続けていました。昨年の5月に検査をしたところ、患部が小さくなっているということで一旦ここで治療を中止して子作りを開始することに。しかしピルの服用を中止してから3ヶ月(3周期)までは全く周期が安定せず、結局8月頃にようやく本格的に始めることにしました。最初は基礎体温と排卵日検査薬を使いトライしました。しかし結果は出来ず。すぐに出来ると思っていたので生理がきたときはとてもショックでした。11月末頃にかかりつけの総合病院の婦人科へ行ったところ、不妊治療の専門クリニックに行くことを勧められました。そこですぐさまネット検索をし、なかで信頼もおけるし安心して治療が受けられると確信できたこちらのクリニックに決めました。最初の診察で院長先生の技術・実績共にプロフェッショナルさが感じられ、また現実も受け入れることができたので、治療方針は先生にすべてお任せしました。私たちのケースは最初から人工授精でした。年齢を考えると最適な方法です。しかし3回トライも成功しませんでした。出来ないたびに、私の気持ちは前向きだったのに比べて主人のほうが悲しんでいたことには驚きましたが、お互いを励まし合い、慰め合い、以前よりもより夫婦としての一体感が増したと実感できました。そして体外受精へと治療が進みました。よく採卵時が一番痛いと聞きますが、カウンセリングや激痛の生理痛を経験済なので無痛に近くほとんど苦痛も感じませんでした。しかし、中でも一番私にとってキツかったのはホルモン注射です。採卵前は、注射を打ってもなかなか卵巣の反応が悪いせいか卵がなかなか出来ず、途中から量を多くして毎日注射。注射の場所も同じようなところに打つためしこりができてしまい夜寝返りが打てなくなったりと大変でした。採卵後もこれまたなかなか筋肉に入っていかないホルモン注射だったので事有る毎に看護師さんたちに相談したり、的確なアドバイスをもらったり、また時には世間話もしたりと、不安な気持ちもなく無事耐えることができました。治療中はどのような治療であれ、少しでも不安・心配なこと、質問や相談があったら迷わず院長先生や看護師さん達に相談したほうがいいです。皆さんプロフェッショナルな方々なのでアドバイスも的確ですし情報も共有できます。カウンセリングも充実しているので積極的に受けた方がいいと思います。また、こちらのクリニックでは妊娠10週目までケアをしていただけるので非常に心強いです。今回私は偶然にも体外受精1回目で妊娠し、ケアをしていただいていますが、もっと長くケアをしてもらいたい…というのが本音です。それだけ信頼するに足るクリニックです。院長先生、看護師さん、並びにスタッフの方々共に一体となって励んでおられます。皆さんも一緒に一体となって頑張ってください。陰ながらではありますが応援しています。

  • 年齢32歳氏名Y.O様

    結婚して3年目、仕事も落ち着いてきたしそろそろ子供が欲しいなあと思って自己流でのタイミングを1年続けましたが授からず、近所の産婦人科でタイミング法での指導をうけたが1年たっても授からず、、、不安感は募る一方でした。その頃、丁度、大阪市に引っ越しすることになり、大阪NewARTクリニックを尋ねました。最初の説明会で富山先生のパワフルで自信たっぶりの説明会を聞いてこの病院に通おうと思いました。以前の産婦人科でフーナーテストの結果も良くないということで最初から人工授精をトライする事になりました。これで子供を授かれる!と人工授精に進むことにとても期待していました。しかし残念ながら、人工授精の結果は3回とも出ず、その時点で卵管造影検査を受けることになりました。検査結果で卵管につまりが見つかり、これでは人工授精では授かるのはかなり難しいということで体外受精を勧められました。1回目は残念な結果になり体外授精に進むことですぐにうまく行くと思い込んでいただけに、かなり落ち込みました。そして、本当に私は子供が授かれるのだろうか?とすごく不安な気持ちになり、また、丁度プライベートでもつらい事が重なった事もあり、かなり精神的にまいってしまいました。精神的に本当にボロボロになった私は、メンタルケアのため、クリニックの個人カウンセリングを受けることになり、そこでカウンセラーの杉村先生に出会いました。杉村先生にカウンセリングしてもらう内に、少しづつ心も落ち着いてきました。出来るだけ早く子供が欲しいと、焦り、早く次の治療と躍起になっていた気持ちになっていたのですが、「焦らず、1回1回の治療を大事にしよう」と言われ、1回1回大事に頑張って進んでいこうと思い、少し、間を空けて休憩することにしました。その間夫婦でヨーロッパ旅行に行くなど、心身ともにリフレッシュしました。煮詰まってしまった時は一人で悩まず、是非カウンセリングを受ける事をお勧めします。リフレッシュ後に臨んだ2回目で採卵できた一番良い凍結卵で妊娠する事ができました。妊娠してますね!と先生が言って下さったとき本当に婿しくて涙がでて飛び上がりました!先生も心配性な私の性格をわかって下さったのか、いつも力強い言葉でひっばって下さいました。治療の痛みの怖さはとてもありましたが、先生自らが採卵するので痛くないですよと言って下さったとおり、怖がりの私でも麻酔がなしでも耐えられる痛みで2回の採卵を乗り越えれました!他の不妊病院に通ったことはないですが、大阪NewARTクリニックでは毎回富山先生が診察してくれて、採卵も全て先生がして下さるので、そこが信頼感につながりとても安心して治療を続けていくことが出来ました。また先生一人で診療しているのに待ち時間が短く、大変快適でストレスフリーでした。塚本主任さんを始め、看護師さん達も毎回いつも優しくて話を聞いて励まして下さり妊娠がわかってからも、つわりがきつく連日点滴で通っている私を介抱してくださって本当に感謝しています。そして、受付の方も大変感じがよくとても通いやすかったです。まさにホームページのとおり状況、容態に合わせて頂けるテイラーメイド治療だと思いました。本当にこちらに通って良かったと心から思います。第二子の凍結している子達に会うためにまたお世話になりたいと思います。

  • 年齢32歳氏名F.O様

    私は、大阪NewARTクリニックに通院し始めて1年2カ月で卒業の日を迎えました。人工授精の治療中は、卵巣が思うように育たなかった時期が3カ月程続きました。一番悩んだ時期でしたが、富山先生に「これは卵の個性だからね」と言って頂けたので、いつかちゃんと育つはずと気持ちを切り替えることができました。体外受精にステップアップするときにも色々と悩みましたが、説明会に出席して富山先生がこれまで携わってこられた不妊治療の歴史を知り、仕事のことをとても楽しそうに話される姿を見て、「治療は怖いけどこの先生に任せたら絶対大丈夫」と強く思うことができ、前へ進むことができました。採卵は、痛みに対する不安や緊張もありましたが、絶対いい状態で卵を採ってもらいたいという気持ちと、先生の技術と、看護師さんの励まし、カウンセリングで教えて頂いた呼吸法で何とか乗り越えられました。培養士さんの高度な技術で卵も無事に育ち、最初の胚移植で無事に妊娠することができました。通院中の皆様にも、1日も早く卒業の日が訪れる事を願っています。富山先生をはじめ、培養士さん、看護師の皆様、受付の皆様、カウンセリングの先生に支えて頂き、卒業の日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

  • 年齢33歳氏名S.O様

    私たちは、他院で検査を受け、重度の男性不妊であることが分かりました。その院で、先生から「これは顕微授精を受けるレベルです。」とはっきり教えていただき、顕微授精をしていただける病院を探すことになりました。知り合いの方に紹介をしていただいてこのクリニックに来院した時には不安もありましたが、(知り合いの方が元気な12歳の子をこの病院で授かっていることもあり)ここに来れば、絶対に大丈夫!!子どもに会える!!という確信に近い思いがありました。初めての病院で、不安症な私がこんな気持ちになったのは、初めてでした。きっと笑顔が素敵な看護師さんや受付スタッフの方、優しい先生のおかげだったのだと思います。治療は全て初めての事ばかりで、いちいち不安や恐怖を抱きました。その都度、先生や看護師さん、カウンセラーさんに話を聞いていただき、ドタバタしながら一つひとつの治療を乗り越えていったという感じです…。けれども、経験豊富な先生、看護師さん、カウンセラーさんの言葉やアドバイスは、いつも的確で心強かったです。不妊治療は先が見えず、つらい…と私も今まで思い、苦しんできましたが、富山先生はその暗い道を明るく照らして下さいます。富山先生を信じて、往復6時間、電車にゆられて、通ってきて本当に良かったです。本当にありがとうございました。最後に、今治療されている皆様、夫婦で支えあいながら先生やスタッフさんを信じて治療をのりこえていってください!!

  • 年齢33歳氏名I.U様

    治療を始めて、1年8カ月が経ち、卒業することができました。誰でもそうだと思いますが、不妊治療というのは未知の世界でひとつひとつが初めての経験で、緊張したり落ち込んだりしました。治療が長びくにつれて、自分に自信が持てず、引け目を感じてしまうこともありましたが、『赤ちゃんを授かるためのHappyな治療』というのを忘れずに、落ち込みすぎないようにがんばってきました。世間のイメージは(不妊治療=辛い、痛い、大変)という感じですが、思ったよりも大丈夫でした。自己注射も痛くないし、採卵も予想より痛くなかったです。先生も的確に迅速に診療して下さいます。先生の処置で痛かった事はほとんどありませんでした。ネットなどの情報に踊らされず、先生を信頼するのが大切だと思います。他の卒業された方のメッセージで「期待をせずに希望を持つ」と書いてあるのを見て、まさしくその通りだなと思いました。どんな治療でも、100%妊娠できるものはないなら、上手くいかない事も、もちろんあります。何回もチャレンジするのは、身も心もお財布も疲れてきますが、ご夫婦で助け合いながら希望を持ち続ける事が大切だと思いました。長い人生、そういえばあんな時もあったなーと懐かしむことができると思います。私もまだ不安はありますが、この経験を糧にできるように、引き続きがんばって行きたいと思います。

  • 年齢31歳氏名T.U様

    私は幼い時に難病にかかり、骨髄移植を受けました。今は完治し、人一倍元気に暮らしていますが、当時の治療の後期後遺症で不妊になるということは中学生ぐらいの時から言われていました。なので、紹介状をもってこちらのクリニックに訪れたときは、”ダメもとで””期待はしない”という思いで、とりあえずやれることをやってみて、子供の事はちゃんと諦めよう。という気持ちが強かったです。私の場合、当時の治療のせいで、卵巣の機能が低下しており、さらに体の中にあるタマゴが極端に少なく、自力での排卵が不可能でした。中学生の頃からホルモン剤を服用し、無排卵の生理をおこしていた、という状態です。不妊治療として、排卵誘発の為の内服、注射をたくさんして、排卵を促すのですが、なかなかタマゴができず、たまーにできた時に人工授精を試みるも、妊娠には至らない…ということが何度も続きました。排卵の間隔が1年ぐらい開いた時はさすがに「もう一生排卵しないのでは…」と不安でした。先生から体外受精へステップアップする提案を受け、それに向けて排卵誘発するもやっぱりなかなかタマゴができず、やっとできた1つを採卵しましたがなんと結果は空。この時は絶望でした。時間とお金をかけて、注射を何本打ったかわからないぐらい苦労して苦労してやっとできた卵が空。今まで人工授精してたと思ってたけど実際は中身のないタマゴだったんじゃないか、私は今まで一度もちゃんと排卵してなかったんじゃないか、そもそも私の体の中にタマゴなんてないんじゃないか、と絶望でした。先生から「根気よくやっていこう」と言われ、翌月に再びチャンスが来て1つ採卵できました。採卵したその場で、看護師さんから「タマゴありましたよ!」と言われた時は本当にホッとしました。もうこれで空だったら治療をあきらめることを考えていたので…。その時採れたたった一つの卵が翌月無事に受精し、3日後には体内に戻せ、その2週間後には何と妊娠判定陽性!!その後の経過も順調で今までの3年間うまくいかなかったのは何だったのかと思うぐらいトントン拍子すぎて先生も「信じられへんねー、ラッキーやったね!」と驚きの様子でした。ちなみに、この「卒業生のメッセージ」でみなさんが言われているような、”先生から、「絶対妊娠できる!大丈夫!!」という言葉に勇気づけられた”というようなことは、私は全く言われませんでした…。こんな経験も自信もたっぷりな先生から「難しいかもしれませんね…」という言葉からのスタートだった私です。こんな私でも無事に卒業を迎えることができました。だから、先生をはじめ、こちらのスタッフの方々を信じてあきらめずに治療を続ければ絶対結果につながると思います。つらくてこのファイルを開けないことも、泣きながら車を運転してクリニックから帰ったことも、友人の妊娠を喜べないことも、そんな自分に嫌悪感を抱いたことも何度も何度もありました。でも、乗り越えられる人の所にしか試練はやって来ないと思います。私が難病にかかり、命は助かったものの不妊となり、たくさん辛い思いをしたのも全部意味のあることだと思っています。私と同じ病気、小児がんや白血病などの後期後遺症で不妊となっている方の励みになれば幸いです。先生、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

  • 年齢38歳氏名A.I様

    富山先生、培養士、看護師・スタッフの皆様、治療中はいつも優しく丁寧に対応してださり、私の年齢を考慮して、一日でも早く妊娠できるよう、最先端の技術を提供してださり本当にありがたく心よりお礼申しあげます。思い切って貴院を訪ね、当初は不安で不安でいっばいでしたが、富山先生の前向きに治療を進めてくださる真撃な姿勢に導かれて私自身も前向きな気持ちで通院することができました。治療中はなかなか内膜が厚くならず、移植をキャンセルした周期もあり歯がゆい思いもしました。けれど、先生は決してあきらめず「大丈夫だから!頑張ろう!」という言葉と共に私に最も適した新しい治療を提案して下さりこの度妊娠判定をいただく事ができました。不妊治療の経験は私にとって子供を授かるためだけのものではなく、自分自身と向き合う大切な時間を過ごさせていただいたと思っております。たくさんの方に支えてもらい授けていただいた尊い命、心をこめて大切に育てていきます。今、治療されてる方も、辛い思いをされてる方もたくさんおられると思います。でも、諦めずに富山先生についていって頑張ってださい。必ず良い方向へ導いてくださいますので。子供を望むすべての方に、可愛い天使が舞い降りますように、心よりお祈りしています。

  • 年齢38歳氏名R.T様

    私がこの卒業生のメッセージを書ける日がくるなんて、、、今でも夢のようです☆何度も何度も泣き。。。私には赤ちゃんはきてくれないのかもって落ち込んだ日々も。。。今、治療中の皆さん先生に「おめでただね☆」って言ってもらえる日がきます。先生に言われた通り、薬を飲み治療を受けてください。不安は看護師さんが親身になって受け止めてくれますよ。私は両親にも言えず。。。友達には考えすぎたらできないよってわかってもらえず。。。愚痴は主人、相談は看護師さんになってました。(主人に病院行くと元気になって帰ってくるって言われるくらい。)卒業生の私もいっばい悩んで泣きました。いまの皆さんと一緒です!私の治療です。少しでも参考になれば。。。私は違う病院で1年間治療を受けてきてからの転院でここにきました。大阪NewARTクリニックに転院し、人工受精をしたものの。結果はでず。先生に「もし体外しても顕微だね。。」と言われました。。。赤ちやんがどんどん遠のいていくような不安で。。。落ち込む私の背中を押してくれたのが看護師さんでした。体外に対していろいろ教えてくれ、仕事しながらでも通えるよういろんな配慮もあることも詳しく教えてくれ、私はすぐ体外に挑戦する決意ができました!体外が始まり、初めての注射。怖いよりも上手くできるのかな、失敗したらどうしよと不安でしたが、卒業生のメッセージに、自分で注射するのも今だけ!やるなら楽しんで先生にでもなった気分でっ♪というのを読み共感!ビビっても仕方ない!赤ちやんに近づくためと思ってすることができました。注射は最初は針を抜くとき、血がでたりしたんですが、ゆっくり抜くとそれも改善されましたよ!採卵。私は痛かったです。卒業生は全然大丈夫って書いてる人もいたんだけど、私は痛かった~でも採卵できないと受精もできないんだから!一瞬の辛抱です!受精の数を聞くのも、楽しみですよ!受精したってことはあとは着床!もう少しって思えて!ちなみにうちは顕微だよ!って先生に何度も言われるくらいだったのにまさかの体外で受精!その後、お腹に少し水は溜まったものの。。。新鮮胚移植ができました。。全然痛みもなく、たまごがお腹に入ってるエコーを見せてもらい感動☆お腹もボコッっとでてきて期待大だったんですが、、、、ダメでした。。。その次の凍結胚盤胞移植で、私は妊娠にいたりました。私は後悔したくなかったんです。やれるとこまで頑張ろうって思ってました。もともと私も自然妊娠希望です。できないので、人工受精までは。。まさかの体外受精!って思ってたのに、体外してみたらどんどん妊娠に近づいてる喜びがありました!お仕事しながらでも、私は負担なく通えました!我が家で、やってみてヨカッタのは主人のお昼の薬のピルケース!男の人なので、一度お仕事したら、忘れることもあるので我が家では主人の薬は、100均でピルケースを買い、お昼の分の薬を入れてお弁当の袋にくくりつけ、飲み忘れ防止。サッと飲め、サプリみたいに見えるので、主人も会社で飲みやすかったみたいです!皆さんの少しでも参考になるといいです。でも、少しでも不妊治療は?体外受精は?と考えたら説明会を受けてください!いろいろ勉強になりますよ!先生が好きになります!

あなたへのメッセージ

  • 大阪New Artクリニック 院長からのメッセージ
  • 夫婦で治療に臨まれた 男性の方のメッセージ
  • 妊娠期間を経て無事に 出産された方のメッセージ