妊娠するためのヒント:卒業者のメッセージ

体外受精、顕微授精、精巣内精子採取術

  • 年齢28歳氏名T.A様

    こちらにお世話になる前に半年程、別のクリニックに通っていました。赤ちゃんが欲しいと思い始めてからなかなか授かることができなかったので、毎月生理痛がきついこともあり自分に何か原因があるのではとの思いで受診したのが始まりでした。一通り検査をしたのですが、私自身に異常はなく、実は男性不妊ということがわかりました。その結果を伝える先生の一言目は「シビアです。」でした。その言葉に非常にショックを受け、その後に受けた顕微授精も2回受け、2回とも残念な結果となりました。3回目を受けるか悩みましたが旦那さんと相談した結果、思いきって転院することに決め、大阪NewARTクリニックにお世話になることになりました。これまでの経緯を富山先生にお話ししたところ、「男性不妊はすぐ妊娠しますよ」と笑顔で言って下さいました。私はその言葉が聞けただけで救われたような気持ちになり、こちらに来て本当に良かったと思いました。その後、説明会やグループカウンセリング講座に参加し、十分心の準備ができた上で顕微授精を受けました。富山先生の説明は本当にわかりやすく、また、今までの経験や知識から非常にスケジュールや薬の説明などは看護師さんが細かく丁寧に教えて下さったので不安なことはありませんでした。私達夫婦は幸運なことに大阪NewARTクリニックでは1回の顕微授精で赤ちゃんを授かることができ、このたび卒業できることとなりました。スタッフの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。現在、通院されている方やこれから通院される方、経済的にも精神的にもつらい時期はあると思いますが、富山先生を信じて通って頂けたら良い結果に繋がると思います。

  • 年齢36歳氏名N.I様

    こちらのクリニックに通う前は、別の不妊専門クリニックに1年ほど通っていました。そこで、人工授精2回、体外受精2回(採卵2回、胚移植4回)で、結果が出ませんでした。体外受精では、卵は多く採れるものの1つも胚盤胞まで育たず、運動や漢方で胚質改善が必要と言われ、治療中断していました。ヨガを始めたり、血流改善の漢方を飲みながら、転院の検討をし、NewARTクリニックに来てみました。初診時、前クリニックでの経緯を聞き、院長先生から、必ず妊娠する!と断言して頂いたことで、とても心強くなりました。また、説明会での詳しい説明と男性向けのメッセージにより主人の意識が変わったように思います。早速始めた体外受精で、採卵の半数が胚盤胞になり、妊娠に至りました。それまでの結果が嘘のようでしたが、胚移植前に、また胚盤胞ができないのではと不安になっている私に、先生がきっと大丈夫!ダメならその原因を調べると言っていただき、安心した結果なのかもしれません。また、自己注射や採卵時の局所麻酔への不安も、その都度看護師さん達が優しくフォローしてくださり、頑張ることができました。一生懸命で真摯に患者に向きあってくださる先生を始めとして、看護師さんやスタッフの方々のおかげで、前向きに治療に挑み、良い結果を得られました。本当にありがとうございました!今も治療を頑張っている方々も、先生を信頼してもう少し頑張ってみて下さい。きっと良い結果が訪れると思います!

  • 年齢38歳氏名I.U様

    私たち夫婦は結婚して8年になります。夫の仕事の都合により、夫婦で過ごせる時間は1年のうち2,3か月、2人ともいつかは子どもを授かるものだと思って過ごしていたため、長い月日が過ぎてしまいました。年齢のことも考え、3年ほど前より他院にてタイミング療法(7回)や人工授精(3回)を試してきました。そのような中、夫の海外赴任が決まり、他院での治療では全く先が見えなくなってしまいました。海外の赴任先で治療を受けようか、それとも私が日本に残り治療を受ける方法があるのか……、富山先生のもとに相談に伺ったのがこちらでの治療のきっかけとなりました。「私が答えを出すならば、体外受精やね!今ならば大丈夫!少し時間をください。旦那さんがほとんど居ないから、あなたはずっと1人で寂しいでしょう。子どもが1人でもいるといいね。」と自信を持って、そして私の気持ちを汲みとって、先生は言ってくださいました。私は、先生にお願いしよう!!とその場で即決しました。夫にも話をして、私たちに残された選択は体外受精しかないことを理解し、夫の出発まで2週間もない中、治療を開始しました。夫は精子凍結を2回行い、看護師さんの説明会にも夫婦で参加して理解を深めました。採卵も移植も夫が近くに居ない中での治療でしたが、看護師さんが事情をよく把握してケアしてくださったので、不安もなく治療を受けることができました。先生の説明はいつも簡潔で分かりやすいです。最後にはいつも「何か質問ありますか?」と尋ねてくださって、疑問や不安もなく受けることができました。不妊治療を受けて私なりに思ったことがあります。治療を受ける立場としては大変残念なことでありますが、現在の医療では不妊治療というものは、いつ結果の出るのかが分からない治療であり、問題が何であるのかは実際に治療を始めてみないと分かりません。だからこそ、まずは治療を始めるという1歩を踏み出すことが大切なのではないでしょうか。その1歩さえ踏み出せば、先生が方針を考えてくださって、その方針に基づき看護師さんやそのほかスタッフの皆さんがしっかりと進むべきレールを敷いてくださいます。私自身、治療中においては、いつ駅(妊娠)にたどり着くかはわからなかったけども、ただただそのレールを信じて走りました。そして、何か問題があれば先生がまた方針を示してくださいます。治療やステップアップで迷っていらっしゃる方にはぜひ、まずは1歩を踏み出して、信じて進んで頂きたいなと思います。治療を始めてから4か月2回の移植を経て、本日、無事卒業できることになりました。思っていたよりも早くに卒業でき、本当に嬉しく思います。出産ではまだまだ不安もありますが、無事出産し、海外の赴任先で家族3人生活を始めることを想像しながら心穏やかに過ごしたいと思います。年齢のことはありますが……、凍結している胚盤胞があるので、また2人目を考える際にはお世話になりたいと思います。最後になりましたが、富山先生をはじめ、培養士さん、看護師さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

  • 年齢33歳氏名Y.O様

    この度、無事に妊娠4か月を迎えることが出来、病院を卒業できることとなりました。この病院に来る前にすでに、他院で2度の人工授精と3度の体外受精と胚移植を試みていましたが、一度も着床できませんでした。検査ではこれといった異常は見つからないので、次にどうすれば良いのかわからない状態でした。しかし同じ治療法を繰り返しても望みは薄いと思い、転院を決意しました。大阪NewARTクリニックに来院した時は、将来的に治療を続けるべきかどうか迷いがありました。転院する際に考えたことは、もしうまくいかなかった場合でも、出来るだけの治療をしたと、納得したいということでした。今から思えば、その意味でも、大阪NewARTクリニックを選んだのは正しい選択であったと思っています。富山先生は不妊治療に関して多くの引き出しをお持ちで、着床のメカニズムは現代の医学では不明だけれども、分からないなりに試す治療法があり、一言に体外受精といっても、いろいろなやり方が存在するとおっしゃいました。初診の際は、先生に紹介状を見ていただき、「僕ならこのやり方はしません。僕に任せてください。」となんとも頼もしいお言葉を頂きました。いろいろな方法をいくつか試し、それで失敗しても納得がいきやすいかと思い、先生にお任せすることにしました。聞いていた通り、以前の病院とは治療法はまったく違っていましたが、ありがたいことに、1度目の妊娠判定でさっそく陽性反応が出ました。流産したものの、大きな1歩を踏み出すことが出来ました。それから約3か月後、2度目の胚移植で双子を妊娠しました。受精卵が無事に成長してくれるか冷や冷やしましたが、幸運なことになんとか卒業を迎えることが出来ました。出産までまだまだ長い道のりではありますが、ここまで来られたことで、先生には大変感謝しています。看護師さんたちにもいろいろ話を聞いてもらってお世話していただきました。ありがとうございました。

  • 年齢33歳氏名M.K様

    子供がなかなかできず悩んでいた時、「今、できる事をやっておかないと、後々きっと後悔する。」そう思い不妊治療を開始しました。地元の産婦人科でタイミング指導をしてもらいましたが、妊娠には至らず、会社の先輩の紹介で大阪ニューアートクリニックに通う事になりました。「絶対妊娠するよ!!」院長先生から力強く言ってもらい、人工授精から開始する事に。「ステップアップしたから、すぐに授かるはず。」と当初は思っていましたが、6回試しても結果は全て陰性。体外受精にトライする事になりました。自己注射も採卵も、とても怖かったのですが、優しい看護士さん達に支えられ、全て乗り越える事ができました。採卵では25個採れ、15個が受精し、その内1個を新鮮胚で移植でき、その他にも2個の受精卵を凍結する事ができました。他の人に比べると、採卵数に対して凍結数が少なく感じましたが、厳しい環境の中で2個も凍結できるまでに育ってくれた事が、とても嬉しかったです。妊娠判定までの期間は、意識しないように心がけ、特にお酒はいつも以上に飲み、夫婦で家飲みや外食を存分に満喫してました。妊娠判定日の数日前より、いつもの生理前と同じお腹の痛みもあり、期待せずに判定日に結果を聞きに行ったところ、まさかの陽性判定にとてもびっくりしました!!その後、出血もありとても心配しましたが、赤ちゃんは無事大きく育ってくれて、クリニックを卒業できる日を迎えました。皆さんも必ず妊娠できる日が来ますので、院長先生の言葉を信じて頑張って下さい。1日も早く皆さんが卒業できる様、応援しております。最後に、院長をはじめ、看護士さん、培養士さん、受付の皆さん、カウンセラーさんに心から感謝しております。本当にどうもありがとうございました。

  • 年齢30歳氏名I.S様

    私はこちらでお世話になる前、別のクリニックで不妊治療をしていました。タイミング(7回)、人工授精(4回)と挑戦しましたが授からず、半年程治療をお休みした後、主人の仕事場の近くにあった評判の良いこちらで診ていただくことにしました。それまでは、体外受精をして、それでももし授かれなかったらという恐怖と仕事をしながら出来るのかという不安で前に進めなかったのですが院長先生の説明会やお言葉、主人の支えもあって1歩踏み出すことが出来ました。院長先生が背中を押してくださったこと、看護士さんが採卵の時手を握ってずっと励ましの言葉をかけてくださったこと、培養士さんが胚移植の時、手を合わせて祈ってくださっていたこと、受付のスタッフさんが私がどうしても急いでいる時、お会計を次週にまわす配慮をしてくださったこと、カウンセラーの先生とお話しできたこと……、本当に色んな方のお力とお気持ちをいただけました。不妊治療でしか味わえない経験や感動をすることができました。沢山の方に授からせていただいたこの命を大切に育てていけるよう、頑張っていきたいと思います。治療をいやだ、どうして私の身体はだめなんだとしか思えなかった私が治療していただける、受けれることに感謝の気持ちを持てるようになったのもこのクリニックの皆様のおかげでした。本当にありがとうございました。

  • 年齢39歳氏名U.T様

    富山院長先生、スタッフの皆様、大変お世話になりありがとうございました。家と病院が近いという理由で通い始めた頃は、人工授精ですぐに妊娠するものだと思っておりました。5回目でだめだった時、ステップアップは年明けにしようと考えて1カ月休む事に……。その時自然妊娠しましたが流産。体調を整えて約1年後に体外受精にチャレンジしました。事前に卵巣年齢のチェックもして頂いたので、私に合った誘発をして頂き、採卵は思いがけずたくさん採れました。まずは新鮮な受精卵を戻してもらい妊娠。しかし9週位で流産。受精卵は出来ても流産に至る妊娠になり、いろいろ考えましたが院長先生の「絶対大丈夫!」の言葉を信じ、再度移植。着床せず。最後の1つを戻した後、判定日前からのつわりで陽性を自分で確認。結果、2つの命が私の所にやって来たことが分かりました。出産するまでは流産、早産が毎日心配でしたが、産まれてみると長かった日々がなつかしく前向きでいる事の大切を実感しました。【※】総合病院に転院してからも、私の財布の中にはニューアートクリニックのカードがお守りとしてはいっておりました。本当にありがとうございました。

  • 年齢35歳氏名R.N様

    病院選びで大切な事は、自分が納得して治療に挑み、信頼をおけるかどうかだと思います。特に不妊治療は自費負担ですから、より慎重に選び、あとは信じるのみだと思います。私はネットで調べに調べ、ここに来ましたが、全て納得して治療できました。確かに、費用が高めかもしれません。でも説明会で「安全性や確率を上げる為の設備投資をしなくて良いなら安くなります。」という言葉で私達夫婦は納得できました。そこまで言えるのは、本当に隅々まで管理しているのだろうと思えましたし、実際に多くのスタッフの方がいらっしゃるのも安全性への表れだと感じました。こんなにも多くのスタッフの方が私達夫婦と未来の赤ちゃんの為に最善をつくしてくれているのだと、日に日に心強く思い、1日も早く期待に応えられるように、私が出来る事は何かと考えました。①言われた事は守る。②不安な事や納得できない事は、ネットでなくスタッフに相談する(個人個人異なるので、私の事はこのクリニックのスタッフにしか分からないハズ。お互いの信頼を深める為にもどんどん聞いて解消する。)。③頑張って、リラックスする(赤ちゃんの事はなるべく考えないように心掛ける。映画を見たり、本を読んだり……。赤ちゃんが生まれたら難しくなるだろう、主人と2人きりでのデートなど……。)。④とにかく先生の言葉を信じる。あとは、なるようになる。「採卵を3回までさせてください。それまでに結果が出ます。」という先生の言葉を信じ、まだまだ先は長いのだろうと、長期戦にそなえて、期待せず気持ちを鎮めていたので、いまだに実感が湧きませんが、すべてが良い方向に働いたのだと思っています。2人目もまたお世話になります。

  • 年齢34歳氏名U.O様

    夫婦で初めて、当院に受診させて頂いた時、富山先生が「奥さん、年齢のこともあるし不安ですよね。ご主人も検査しましょう。」と言って下さり、夫婦共に治療は必要とわかりました。的確な判断でどんどんステップアップし、わずか半年で妊娠に至ることができました。注射を自宅で打つことがとても苦痛でしたが、夫も協力してくれ、なんとか乗り切ることができました。採卵する時、怖さと痛みでどうしようもない時、看護士さんがすぐに気付いて下さり、手をにぎりはげまして下さいました。あの手がなかったら、どうなっていたか……。本当に嬉しかったです。これから治療される方、このクリニックは本当に信頼できます。スタッフ全員が親切で丁寧できめ細やかに対応して下さいます。今日卒業しますが、また2人目出産のタイミングが来たらお世話になりたいです。そして、お仕事されている方へ。私自身役職に就いていて、通院する為には早く退勤したり、休みをもらったりと難しい状況で治療を先送りすることも考えましたが(実際に職場からもそう言われました。)、「何が1番大切か」。仕事ではなく自分の人生。赤ちゃんを産むこと!!と気付かされました。様々な環境があるかと思いますが、仕事をセーブできるなら、治療もスムーズに進められると思います。

  • 年齢31歳氏名Y.S様

    初めてこちらの病院に来たのが2014年1月で、結婚して数ヶ月目のことでした。年齢的にも、結婚してからも、「まだまだ大丈夫。きっと自然にできる。」と周囲に言われていましたし、自分でも「そうかも。」とお思っていました。けれど、早く子どもがほしくって、専門の病院であるニューアートに通院することにしました。「すぐできる。」と思っていた私は、こちらでタイミング治療をはじめるなかで、自分は排卵しにくい(卵がなかなか育たない)ということを知りました。「卵巣がちゃんと仕事してないかも。」という事実にショックで、それを疑い、信じられず、タイミング1回の後、7ケ月病院へ行かず自分でタイミングをとるようになりました。当然結果は全くです。半年ぐらい冷静に考えたり、仕事をするなかで、以前よりも、子どもがほしい。「いつもいつも支えてくれている夫に、2人の子どもを抱っこさせてあげたい。」と強く思うようになりました。すると、これまでの自分の考えも変わり、全てを受けとめようと思えるようになり、11月の治療再開以降は、とても前向きに治療にとりくめました。すぐに人工授精からのチャレンジを自分で決め、先生に伝えました。「どんどういこう!」という先生の言葉を胸に、注射も、薬もがんばりました。結果はだめで、2回目にすすむ予定でしたが、自ら体外授精を選びました。これまでの治療とはくらべものにならないほど辛い注射、薬、検査、そして採卵でした……。けれど、子どもがほしいから、もっとも授かる可能性が高い体外受精にしたんだと思うと、全てがんばることができました。先生の励まし、看護師さんの優しさ、夫の支え、全てあったからがんばれました。妊娠が分かったときの先生の「努力は報われるね!!」の言葉が忘れられません。自力で決断したこと、すすんだこと。これで良かったのだと思えました。こちらの病院に通う方全てに幸がありますように。ありがとうございました。

あなたへのメッセージ

  • 大阪New Artクリニック 院長からのメッセージ
  • 夫婦で治療に臨まれた 男性の方のメッセージ
  • 妊娠期間を経て無事に 出産された方のメッセージ