生殖医療専門スタッフ紹介:受付

一日も早くクリニックを卒業され、可愛い赤ちゃんを抱いていただけるよう…

毎月第3日曜日の説明会を知っていらっしゃいますか?

受付のイメージ

大阪New ARTクリニックのフロントで、毎日皆様をお迎えさせていただいております。

前職場は、婦人科のない一般病院に勤めており、不妊治療の知識のないままクリニックに飛び込み、院長先生をはじめスタッフの方々に指導していただきながらの毎日を過ごしています。

さて、 毎月第3日曜日の説明会を知っていらっしゃいますか?クリニックにかかってらっしゃる方ならどなたでも参加していただけるのですが、私も参加した事があります。

一般不妊説明会と体外受精説明会ですが、素人だった私にも、とてもわかりやすい説明で、とても勉強になりました。皆様も、これから自分が受けようとしている治療がどのようなものなのかなど不安もたくさんあるかと思いますが、説明会後には皆様の疑問や質問に院長が答えていますので、説明会に参加して皆様の不安を解消してみませんか?
まだ参加されたことのない方は是非参加していただければと思います。

これからも、皆様の不安や緊張を和らげ、心地よく過ごしていただけるよう笑顔を絶やさず日々努力して参ります。
一日も早く妊娠しクリニックを卒業され、可愛い赤ちゃんを抱いていただけるよう、微力ながらお手伝いさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

富山船長とともに

このページを見てくださってありがとうございます。
このページでは、クリニックを船に例えて説明させて頂きます。(大阪New ARTクリニック号)この船旅の目的は、乗船されるご夫婦(患者さま)の宝もの(お子様)を探すことです。Captain Tomiyama(富山船長)は、世界中から、最新の情報と航海図を常に得ており、ご夫婦毎に最良の航路を判断し決定します。大阪New ARTクリニック号は、2017年4月で造船20年を迎えました。

皆様が旅を過ごすお部屋は、快適であればあるほど良いかと思います。大阪New ARTクリニック号の客室はとても広く、リラックスしてもらえる環境であり、いつも清潔に保たれています。空調は、季節や時間に応じて温度を調整しており非常に快適です。 BGMも季節や時間により変更しております。船内では居眠りしたくなる程ゆったりおくつろぎいただけます。

院長と受付の作業風景
受付の作業風景

日本にもたくさんの船はありますが、大阪New ARTクリニック号は世界に誇れる船です。富山船長と船員は、最新の情報を得るため度々海外に出向きます。情報を得るだけではなく、船員と共に日頃の研究結果を何度も国内外で発表しています。船員も皆非常に勉強熱心で、全員がプロの集団です。皆様の状況を常に把握し、皆様が宝ものに辿りつくよう最善をつくしております。皆様にはハード・ソフト共、世界最高レベルの旅を提供しております。

宝ものを見つけられ、旅を終えられる時の患者さまの笑顔は私のエネルギーになります。生まれた赤ちゃんの写真とお手紙を見せていただいたり、来院されたご夫婦に抱かれた赤ちゃんを見ると、本当にやりがいのある仕事だと思います。

これからも、大阪New ARTクリニック号と私の旅は続きます。宝ものを見つけて旅を終えられた方にお願いがあります。ぜひ宝ものを見せてください、写真でも、来院いただいてもかまいません。その笑顔を見させていただくのが、私の宝ものなのです。

お気づきの点がありましたら、ご遠慮無くお申し付け下さい。

新しい家族のお披露目を楽しみにしています

クリニックではフロントスタッフの一員として、みなさまをお迎えしています。
不妊治療という専門分野で院長をはじめ看護師や培養士に生殖医療の奥深さを指導してもらいながら、日々奮闘しています。

さて、クリニックでは診察の合間に微笑ましい訪問が度々あります。このクリニックで治療したご夫婦が妊娠して卒業し、その後誕生した可愛らしい赤ちゃんを連れていらっしゃいます。

「先生、抱っこしてあげて下さい!」初々しいお父さん、お母さんがそうおっしゃいます。この時ばかりは、院長をはじめスタッフみんな目じりが下がりっぱなしです。院長に抱っこされて、きょとんとしている赤ちゃん、びっくりして泣き出す赤ちゃん、と様々です。いつもこの場に居合わせて思うのが、どのスタッフもこの瞬間、今まで治療に携わって良かったという嬉しさと、これからも、もっともっと頑張ろうという意欲が生まれるということです。卒業時はまだまだ小さな命ですが、こうして誕生してすくすく育っている様子を見せていただけるので、いつも感動します。

受付の作業風景
受付の作業風景

不妊治療ー決して簡単な治療ではありません。通院はもちろん、毎日注射をしたり、薬を飲まないといけなかったり…。注射や採血は個人差がありますが痛みを伴いますし、薬を飲むのが好きな方なんていないと思います。治療での保険適用が増え、助成制度もできましたが、まだまだ自費のものが多く、費用は決して安くはありません。それでも子供が欲しいという一心でクリニックを信頼して通われる方に、私たち全スタッフは一人ひとりに合った治療方針で、出来るだけ早くゴール(妊娠)に辿り着けるよう、日々励んでおります。

ゴールされてこのクリニックを卒業した方が、新しい家族をお披露目して下さる日を楽しみにしながら、より温かみのある対応を目指し、今日も窓口でみなさまをお迎えしています。