Tailor-made

専門家が責任を持った、一人一人に最適な不妊治療

Tailor-madeの治療のイメージ

患者さまはひとりひとり違いますので、患者さま自身、およびその家族の心理的・社会的背景を視野にいれたTailor-madeの治療を受けていただけるサポート体制を充実させています。

Tailor-madeとは

例えば、体外受精の場合、排卵誘発、卵子の体外培養など各ステップが画一的ではなく、細かい操作性が違います。同じ『体外受精』という言葉でも、その中味は大きく異なる、奥深いものだと考えています。つまり、妊娠しない原因はカップルによって異なりますので、患者さま各々を個別に考えて対応することで、妊娠率も変わってきます。

大阪New ARTクリニックは、様々なデータ、角度から個々の方々に合う質の高い治療を考え、Ready-made(既製の方法)やOrder-made(患者さま任せの方法)ではなく、Tailor-made(専門家が考えた患者さまに最適な方法)による治療を行っています。

  • Ready-made(既製の方法)

    工場での大量生産のように、全ての患者さまに画一的に同じ治療を提供

  • Order-made(患者さま任せの方法)

    専門家の方針を示さず、患者さまの希望のみを尊重した治療。一見、患者さまのためのように見えますが、専門家の責任を放棄した治療

  • Tailor-made(専門家が考えた患者さまに最適な方法)

    専門家が責任を持って、個々に最適な治療方針をたて、患者さまに納得いただいた上で提供される治療

ベルトコンベアー式のように何度も同じ治療を繰り返すのではなく、専門家(医師)が責任を持って、的確な診断に基づき、1組1組、個々のカップルに合った最先端の“不妊治療”を行う必要があります。
限られた時間を最大限に利用し、回り道せず納得のいく治療を提供することを心がけています。
皆様にとって大阪New ARTクリニックが終着駅になりますよう最善を尽くす方針です。