卵子・卵巣凍結

研究段階の技術

不妊生殖医療補助技術は日進月歩であり、まだまだ現在進行中です。
現在、治療として効果が確認されている技術もありますが、まだまだこれから改善の余地のある研究段階の技術もあります。ここでは、これから改善されていく余地のある技術に関する情報をとりあげました。当院としても今後、安全性と効果を検証しながら取り組んでいきたいと思っています。

卵子・卵巣凍結

採卵直後の卵子
採卵直後の卵子の詳細図

近年、悪性腫瘍患者の生存率は飛躍的に高まってきており、そのQOLの重要性も高まりつつあります。その一環として、悪性腫瘍患者の妊孕性を維持するため卵子または卵巣凍結の研究が盛んに行われています。卵巣凍結は治療前に卵巣切片を凍結しておき、治療後移植するもので、2004年9月にベルギーチームによって世界で初めての妊娠・出産例が報告され、欧米諸国では悪性腫瘍患者の卵巣凍結保存が多くの施設で実施されています

しかしながら、その成功率にはいまだ低く、リスクも多くあるのが現状です。まず、第一に卵巣組織の凍結・融解技術はほぼ確立していますが、卵巣組織を移植した場合、組織への血流が復活し、生着するかどうかが大きな鍵を握っているといえます。また、移植組織が生着し血流が復活したとしても、その移植卵巣組織の機能持続は最長で3年とも報告されています。第二に、卵巣組織を移植することによって、腫瘍の再発の危険が高まることも挙げられます。

一方、卵子凍結はその適応も悪性腫瘍患者の妊孕性の維持だけではありません。
社会への女性の進出による結婚年齢が上昇したため、加齢に伴う妊娠の確率の低下やダウン症などの染色体変異の上昇など高齢妊娠のリスクを回避するため、卵子バンクとして卵子凍結が欧米諸国で広く行われており、妊娠・出産例も多数報告されています。

卵子・卵巣凍結のイメージ

しかしながら、卵子は胚と比べて、体積あたりの表面積が狭く、凍結を行う際の脱水過程で死滅してしまうこともしばしばあります。また、胚にくらべて卵子は染色体が不安定で、凍結によってその均衡が崩れてしまう可能性があります。現在は凍結法の改善が行われ、融解後の生存率も上昇しつつありますが、凍結による染色体への影響はいまだ未解明であり、今後解明されていくでしょう。