はじめての方へ:一般不妊治療の盲点

必要な時期に遅滞なく治療を

富山院長

不妊検査には様々なものがありますが、不妊検査で異常が発見されるのは半数程度にすぎません。これは、卵巣、卵管、子宮内といった妊娠に最も大事な部分の機能検査(評価)ができないためです。したがって、治療をしながら、軌道修正して各人に適切な治療を選択していくことになります。ここに「経験」と「知識」から生み出される「洞察力」が必要になってきます。

必要最小限の治療で、最大の効果を得るために、どのような手段を用いたらよいか、これはご夫婦毎に異なります。治療の過程において、早めに体外受精が必要になることもあります。始めは誰しも体外受精をすることなど想定していないと思いますが、必要な時期に必要な治療を遅滞なく行うということが不妊治療には重要です。なぜなら、卵は誕生時から老化現象が始まっているからです。