成績・実績

Tailor-madeの体外受精により、安定した妊娠率を維持しております

2015年度成績

大阪New ARTクリニックの2015年度の成績を報告します。

2015年度は、体外受精430周期・顕微授精419周期・凍結胚移植516周期・総数1365周期の 生殖医療を行いました。胚移植を行ったのが体外受精296周期・顕微授精211周期・凍結胚移植576周期・総数1023周期でした。

治療法別妊娠率

そのうち、体外受精による妊娠が106例・顕微授精による妊娠が196例・凍結胚移植による妊娠が196例・総数366例が妊娠し、胚移植あたり体外受精妊娠率35.8%・顕微授精妊娠率30.3%・凍結胚移植妊娠率38.0%の成績を収めることが出来ました。

治療法別妊娠率

年齢別妊娠率:体外受精

体外受精について見てみると、妊娠率は29歳以下65.4%・35歳以下38.9%・39歳以下36.7%・40歳以上25.0%でした。平均年齢は38.4歳・平均胚移植数は1.3個でした。

年齢別妊娠率:体外受精

年齢別妊娠率:顕微受精

顕微授精について見てみると、妊娠率は29歳以下68.8%・35歳以下40.0%・39歳以下25.6%・40歳以上20.6%でした。平均年齢は39.3歳・平均胚移植数は1.4個でした。

年齢別妊娠率:顕微受精

年齢別妊娠率:凍結胚移植

凍結胚移植について見てみると、妊娠率は29歳以下71.2%・35歳以下44.8%・39歳以下39.2%・40歳以上27.0%でした。平均年齢は37.2歳・平均胚移植数は1.4個でした。

年齢別妊娠率:凍結胚移植

我々大阪New ARTクリニックが目指す、個々の方にあった“Tailor-made”の体外受精を行う事により、2015年度も安定した妊娠率を得る事が出来ました。
20年以上の経験を持つ生殖医療専門医が適切な排卵誘発を行い、各スタッフがその分野の専門家としてプロの医療を行うことにより、体外受精の妊娠率は向上・安定します。不妊専門クリニックとして、妊娠率を保ち、さらに安全性を高めるためには、各スタッフが各々志を高くし、いかに地道に安全に安定した正確な体外受精を行うかが重要になります。

年齢別妊娠率を見てみると、年齢が大きく妊娠率に影響しているのは間違いありません。 年齢とともに流産率も高くなります。生殖医療がいくら発達をしても越えられない壁が存在します。

大阪New ARTクリニックのこれから

体外受精は今や欧米と同様、日本でも医療として認知されてきていると考えられます。ただ変化のスピードが遅いか早いかの違いはあるとしても、今後も発展し続けるのは間違いないと考えます。
我々大阪NewARTクリニックは、今まで同様、今後もいち早く最先端の技術・知識を導入し、個々の方々にあった理想的な“Tailor-made”の生殖医療を追い求めていきたいと考えています。また同時に、これまで同様、医療としての安全性を追求し、生殖医療が人々の喜びや幸せにつながるように、全スタッフが取り組んでいきたいと考えています。

“Tailor-made”の生殖医療のイメージ